お知らせ

投稿日:2023年6月30日

梅雨のひの配達

雨の日の配達での一つの辛さは、荷物が濡れてしまうことです。雨や湿気の中での配達は、荷物の保護に課題をもたらすことがあります。配送業者やドライバーは、できる限り荷物を保護するために努力しますが、完全な防水性を保証することは難しい場合もあります。特に大きな雨や豪雨の場合は、濡れる可能性が高くなります。

濡れた荷物は、商品の品質や包装の劣化、中身の破損、顧客の不満などを引き起こす可能性があります。また、配達ドライバー自身も濡れた状態での作業は不快であり、体調や作業効率にも影響を及ぼすことがあります。

この問題に対処するために、配送業者は適切な防水包装や保護措置を講じることが重要です。また、顧客側も屋根のある場所への受け取り指定や、配達時間の調整などを考慮することで、荷物の濡れを最小限に抑えることができます。

雨の日の配達においては、天候による制約やリスクが存在することを認識し、関係者が協力し合うことが求められます。

また、

雨の日の運転では、視界の悪さが大きな課題となることがあります。雨滴や霧、濡れた道路面などが視界を妨げ、運転の安全性に影響を及ぼす可能性があります。

視界の悪さは、適切な対策を講じなければ交通事故のリスクを高めることがあります。以下にいくつかのポイントを挙げます:

  1. ワイパーの点検と適切な使用:ワイパーブレードが劣化していないか確認し、適切な速度でワイパーを作動させます。必要に応じてワイパーブレードを交換してください。
  2. ヘッドライトの点灯:雨天時は車両の前照灯を点灯させ、視認性を向上させます。また、適切な距離を保ちながら前方の車両や道路状況を把握するために、前方車両のテールライトに頼ることも重要です。
  3. 適切な速度での運転:視界が悪い場合は、安全な速度に減速しましょう。適切な速度で走行することで、急ブレーキやスリップのリスクを軽減します。
  4. 安全な車間距離の確保:雨天時はブレーキ反応時間が長くなるため、前車との十分な車間距離を確保しましょう。急ブレーキをする必要が生じた場合でも、後続車に十分な反応時間を与えることが重要です。
  5. 視界の確保:ワイパーの間隔を調整して適切な視界を確保し、必要に応じて窓を拭いてください。また、曇り止めスプレーやエアコンの除湿機能を活用して、窓面の曇りを防ぎます。

これらの対策を講じることで、雨の日の運転中の視界の悪さに対処することができます。ただし、安全運転のためには運転者の注意と判断力も不可欠です。必要に応じて運転スタイルや速度を調整し、自身と他の道路利用者の安全を確保することが大事です、

絶賛エリア拡大中!ドライバー募集中!

ご応募にあたり、経験の有無はいっさい不問。 ・車の運転免許をもっている ・丁寧な対応ができる ・元気に挨拶ができる 上記に当てはまる方でしたら、どなたでも大歓迎です! 初めての方にも丁寧に指導いたしますので、気になった方は東京都板橋区の合同会社As you likeにご応募ください。

採用情報

軽貨物の配送依頼は東京都板橋区の合同会社As you likeへ|ドライバー求人募集中
合同会社As you like
〒175-0082
東京都板橋区高島平1-33-14
TEL:080-4197-9744
※営業電話お断り

お知らせ

関連記事

優秀な人財とは?

優秀な人財とは?

選挙の公示が始まり、選挙カーで目覚めるなんてことが始まる一週間、いかがお過ごしでしょうか? 先日、佐 …

ホームページを開設しました。

ホームページを開設しました。

合同会社As you likeでは、新たにホームページを開設しました。 これまで以上にお客さまにご満 …

第一期が無事終わりました

第一期が無事終わりました

5月決算を迎え、無事第二期に入れそうです! 仕事はたくさんあるのに人財が圧倒的に足りない状態が続いて …

お問い合わせ  採用情報